Geicoは車両のターンキー自動塗装プラントの設計と建造において、世界をリードする企業です。

Pardisプロジェクト

Paradisプロジェクトは2005年に採用されました。このプロジェクトにより、Geiko 大気社はエネルギー消費を70%削減させて、自給自足で賄える自動車塗装プラントを提供する世界初の企業となります。この企業目標は2020年6月16日のEnergy Independence Dayをゴールとして定められましたが、目標より3年も早い2017年にその達成を果たすことができました。

-70%
エネルギー消費量
30%
再生可能
資源
スマートペイントショップ

スマートペイントショップは、革新的なテクノロジー4.0により、エネルギーの高効率において車両の塗装プラントに変革をもたらします。

世界で最良の研究と革新として、SurCar Cannesのイノベーションアワードを受賞しました。

テクノロジーと
人間の
出会う場所
企業の社会的責任(CSR)

尊敬、責任、信頼。これはGeicoの企業文化です。

Geicoが地域社会において積極的に展開している役割は弊社に生きつづける信条であり、人材の開発と周囲の環境の改善に貢献する決意で取り組んでいます。

革新

新しい事物を取り入れ進化していくこと、それは最先端のテクノロジーソリューションへ向けてのGeicoの出発点です。

Pardisイノベーションセンター

イノベーションセンターはGeiko 大気社の研究開発センター。ここは車体の塗装分野における世界で最も重要な場所です。グループの中枢とも言える場所で、イタリア国内のみならず国外レベルにおいても、数多くの評価を得ています。

3,600m2 を有するセンターでは、再生可能エネルギーによる技術を使用して40を超えるプロトタイプが稼働しています。