> Paintshop >
Pardis Project
Pardis Innovation Centre
プラント実績
ソリューション

革新と発展はPardis(ペルシア語で「楽園」)プロジェクトの基本です。2020年6月16日のエネルギーインデペンデンスデイにプロジェクトを完成させることが2005年に私たちが掲げた目標です。その日までに、エネルギー消費量を70%削減した自給自足型塗装プラントを実現させることです。
野心的ですが、現実的な目標です。そしてGeicoは車体塗装のエネルギー消費量を900kWhから270kWhに削減することで、目標より3年も早い2017年に目標を達成します。これらは高い技術革新、技術と環境倫理の不断の研究努力によって、再生可能エネルギーのみで製造されています。

2017年6月16日:エネルギー消費という観点から、環境負荷ゼロの自給自足型塗装工場の第一号
予定より3年早くエネルギーインデペンデンスデイの目標を実現