> 弊社について >
弊社について
当社の仕事
当社の実績
当社の手法
当社の数値
当社のお客様

人間が作り上げる人間のための会社。

Geicoは、ターンキー自動塗装工場の設計と建造において50年以上にわたるグローバルリーダーです。

当社の信念は革新と情熱であり、これが我々の強みです。エンジンに燃料を注ぎ込み、向上へと導いていくのが当社の人材です。

当社では人間関係を大切にしています。 世界最大の自動車製造企業各社との間で、当社が築いてきたつながり、日本におけるパートナーである大気社との結びつきの重要性を理解しています。

当社は人間とその幸福を一番に考えています。合理性と創造性を組み合わせることによって初めて、想像を超える結果を達成することが可能なのです。

当社は卓越性と持続的向上の価値を信じています。これが今後の進路で す。

人により創られた 人のための企業

Geicoは、50年にわたって完全なターンキー塗装工場の設計と製造を行なってきました。そして現在、業界を世界的に主導する企業です。

当社の主なお客様は、地球規模の自動車製造企業です。

当社が提供するプロセスと技術的ソリューションの持続的な革新に向かって、当社は日々努力を続けています。

投資は、技術とノウハウに対して行います。

人材は開発します。

当社はこのようにして、卓越性を達成してきたのです。

弊社の任務は常に新しい 改革を求め続けること

過去への敬意

Geicoには、50年にわたる歴史があります。ジュゼッペ(ピッポ)ネリとジャンカルロ マンデリによって創立された当社の最初の社名はNeri & Mandelliでした。その後間もなく、非常に重要な初期のパートナーシップが結ばれることになります。1905年以来Carrierと共に塗装工場の供給に携わってきたDrysys Equipment社、その後業界における国際的大企業である英国のHaden社との協力体制が確立されました。1970年代の石油危機と政治的状況により、そのバランスが崩れることになります。Haden Drysysは、ネリ一族の経営するGecofinに株式を売却しました。一方、グループ子会社であるGeicoは拡張を続けました。ピッポ ネリの義理の息子であるアラブニア アリ レザは、ナイジェリア支社の経営に当たっていましたが、その後イタリアに呼び戻され、塗料の着色・撹拌用機械を製造するFASTの経営を任されました。1994年2月4日、ピッポ ネリが死去。アラブニアと妻のローラが経営権を握りますが、1997年にはFiat Group傘下のComauが株式の過半数を取得、経営権が移りました。2006年、Geicoはアラブニア一族の手に戻り、Haden Drysysの特許を引き継いだ彼らはallGeicoprojectインターナショナル ネットワークを開始します。さらに2009年、経済危機により、企業の資産は再び困難に直面することになります。経済状況の悪化にもかかわらず、アラブニアはすべてを技術革新と開発に賭ける決意を固めます。これは、競合力を高め、市場の回復時に競合者に取って代わるという見地によるものでした。
こうして、Geicoの旗艦的研究開発センター、Pardis Innovation Centreが設立されたのです。

現在に賭ける情熱

2011年、塗装工場の建造を専門とする日本の大企業、大気社とのパートナーシップが結ばれました。Gecofinは引き続き株式の49%を保持し、より大きな財務力を信頼し、さらに広範にわたる国際化に向かって門戸を開きつつ、技術的なリーダーシップを維持することが可能となったのです。
2013年、世界の塗装工場分野において最も重要な研究開発センターとしてGeicoの哲学を最大限に表明するPardis Innovation Centreを新たに開設しました。
50周年を迎えるに当たり、GecofinはGiardino dei Pensieri di Laura(ローラの思索の庭)を開設しました。ここは、身体と精神の健康、幸福の完全なバランスを得るのに最適な場所です

未来に向かう大きな自信

Geicoの未来はグリーンな未来です。自社のノウハウを駆使し、世界に先駆けて環境負荷ゼロの塗装工場を実現しました。目標より3年も早く、2017年6月16日がエネルギー インデペンデンス デイの期日となりました。

Geicoの未来は4.0です。真のイノベーションとは、技術と人間が出会うことで生まれ可能性を広げるものであると当社は信じます。そこから誕生したのがSmart Paintshopなのです。

イノベーションを信じるからこそ、未来に近づくことができるのです

当社が自ら定めた使命に当社のチームを立ち向かわせる原動力は、忠誠、透明性、一貫性、信念、情熱という価値観です。その使命とは、人間、地域社会、環境を尊重しつつ、お客様の期待を理解し、要望を追求することです。

当社のビジネスの中核をなすのは、塗装工場です。これを中心に、プロセス工学とサービスについて持続的な投資を行なっています。

当社は技術革新に努力を集中し、価値管理を通じて最高かつ最も競合性の高い技術ソリューションをお客様に提供すると同時に、環境を尊重しています。

お客様に最も先進的な技術ソリューションをお届けするため、高度な資格を持つプロフェッショナルな社員とノウハウを垂直的に統合することに集中的に取り組んでいます。

当社は、人間を中心に考えます。お客様、社員、サプライヤー、パートナーと、それぞれの期待を理解し、違いを尊重し、情熱を支援することにより、健全で働きがいのある仕事環境を生み出しています。GoMaicシステムは、シックスシグマ手法の哲学を超越する独自の哲学を生み出しています。当社は、お客様の期待を理解し、GoMaicシステムを適用することにより、ユニークな価値をお届けすることに集中しています。

倫理を大切にし、社内においても、社外に対しても、誠実で品位のある礼儀正しい行動を奨励しています。

これがGeicoの精神です。

お客様のご希望を 理解し適えるのが 私たちのミッションです

Geico SpAと株式会社 大気社のパートナーシップは、大気社が Geico SpA株式の51%をGecofin SpAから取得した2011年5月19日に始まります。Geocofin SpAは残りの49%を引き続き保持しました。

Geicoと大気社は、23ヵ国において50を超えるオフィスのネットワークにより、共同の存在感を維持しており、年間の売上は約18億ユーロに達しています。

概要:グループ企業と関連当事者間の取引

現在Geicoと大気社は、合わせて5,000名を超える社員数により、市場における共同の存在感を維持しています。その1,000名以上は、エンジニアおよび塗装業界の専門家です。

Geicoと大気社のパートナーシップは、以下の目的の達成を目指したものです:

  • 持続可能性と財務上の安定
  • 時間と価格の両方において競合性の高いソリューション
  • 技術組織、世界的なインフラストラクチャーの垂直化
  • 製品開発とプロジェクト管理の革新的なアプローチ
  • エコロジー、エネルギー節約の分野における持続的なソリューション

Geicoグループの経営と勝者の哲学 – Gecofinによる表現 – は、株式会社 大気社との提携後も変わっていません。

Geicoの企業戦略は、以下の項目に焦点を当てたものです:

  • 強力な人材開発
  • 方法、プロセス、製品の持続的な革新
  • 技術とノウハウへの投資に対して常に意欲
  • 国際市場および新顧客に向けて、勤勉で的を絞った浸透
  • 世界規模による商業的、技術的提携
  • プロジェクトの実施効率の持続的向上
  • 固定費用のシステマティックな管理

www.taikisha-group.com 

GEICO S.P.A.

本社事務所:Via Pelizza Volpedo no. 109/111, Cinisello Balsamo

資本金:3,627,000ユーロ 全額払込済

株主:株式会社 大気社(日本)51%、Gecofin SpA(イタリア)49%

ミラノ法人登記所にて登録、登録番号00727880155
イタリア民法2497条に基づいて経営、機能:株式会社 大気社

取締役会

アリ レザ アラブニア、会長、CEO

ダリウシュ アラブニア、取締役

ダビデ バレリ、取締役

福永タクジ、取締役

原田ノブヒコ、取締役

木村ヒカル、取締役

西村シンジ、取締役

法定監査委員会

ロジャー オリビエリ、議長

ピエルパオロ グッツォ、法定監査人

ミシェル マッツィテリ、法定監査人

マウリツィオ バルダッサリーニ、代理監査人

エマニュエル アルベルト ヴァレ、代理監査人

独立監査人

Deloitte & Touche S.p.A.

遵守担当役員(法規231)

アントネロ カポネ

当社では、グループ企業の運営上の役員、社員、パートナーの行動に関する組織モデルを採用しています。これは、2001年6月8日施行の企業責任に関する法律第231号、2002年4月11日施行の企業犯罪の是正に関する法律第61号に準拠し、その後および最近の、特にセキュリティに関する規制の変更に従って行われています。

倫理規定はこのモデルの重要な部分で、その実施は外部の監督団体(SB)により正式に行われています。

概要:

  • 組織モデル
  • 倫理規定(GEICO S.P.A.

本社事務所:Via Pelizza Volpedo no. 109/111, Cinisello Balsamo

資本金:3,627,000ユーロ 全額払込済

株主:株式会社 大気社(日本)51%、Gecofin SpA(イタリア)49%

ミラノ法人登記所にて登録、登録番号00727880155
イタリア民法2497条に基づいて経営、機能:株式会社 大気社

取締役会

アリ レザ アラブニア、会長、CEO

ダリウシュ アラブニア、取締役

ダビデ バレリ、取締役

福永タクジ、取締役

原田ノブヒコ、取締役

木村ヒカル、取締役

西村シンジ、取締役

法定監査委員会

ロジャー オリビエリ、議長

ピエルパオロ グッツォ、法定監査人

ミシェル マッツィテリ、法定監査人

マウリツィオ バルダッサリーニ、代理監査人

エマニュエル アルベルト ヴァレ、代理監査人


Compliance system implemented by the company

file-immagine

 

当社では、成功はパートナーおよび金融機関と共有するべきものであると考えています。

イノベーション デー(革新の日)は、皆さまの継続的な支援により可能となったGeicoの持続的向上についてご覧いただき、共有していただく貴重な機会となっています。

概要:2013年5月10日イノベーション デー(革新の日)

最も困難な時代にあっても、当社にとって成長とは投資であり、投資とは成長を意味します。 2005年から2013年の期間に限っても、2790万ユーロの投資を行なっています。

概要:投資

投資の60%は技術的、文化的革新に割り当てられ、残りの40%は施設、企業構造、組織に割り当てられています。

概要:革新および研究開発費用
2013年だけに限っても、約600万ユーロの研究開発費用が記録されています。

Geico SpAおよびその子会社の財務諸表は、大気社グループの財務諸表内に統合されています。同社は、同グループの経営と整合の責任を負う企業です。

大気社の財務上の位置付けおよび資産についてさらに詳しくは、大気社ウェブサイトの投資家関連情報のページでご覧いただけます。


file-immagine

2016 Financial Statement

file-immagine

2015 Financial Statement

file-immagine

2014 Financial Statement

file-immagine

Group Structure

23ケ国において 50を上回る ネットワークサイト 総売上高年間 18億ユーロの実績

2つの基本理念: 組織モデルと 倫理規定

私たちにとって 成長は投資を意味し 投資は革新を 意味します

Geico S.p.A.の財務諸表は 大気社の財務諸表と 連結決算されます