管理とオートメーション
> Paintshop > 管理とオートメーション >

slide133エネルギー消費量をより優れた方法で管理して効果的に削減するために、Geico は種々の製品用エネルギー担体のための、エネルギー消費量管理ソフトウェアを開発し、使用しています。

このシステムの目的は、消費量をモニタリングし、エネルギー要求の異常に関する情報の提供を行い、予測消費量と実際の消費量とを継続的に比較することを可能にし、その時点での瞬時の、または積算した操業コストへの情報を提供することです。

このソフトウェアは、どのハードウェアプラットフォームでも使用することができ、エネルギー消費量の管理および制御を行うことができます。